Tシャツなどにプリントする転写用紙も進化中

 Tシャツなどの衣類やグッズなどに自分の好きな絵柄をプリントするオリジナルプリントグッズが各社から販売されていますが,どれも同じ品質ではなく色落ちなどの耐久性には差があるようです。
 耐久試験の方法は何度も洗濯をして色落ちやはがれがないか確認するのですが,中には100回以上洗濯しても大丈夫なものもあります。
 以前はインクジェットプリンタを使って転写用紙に印刷し,アイロンなどでプレスしてTシャツなどに転写していましたが,インクジェットはコストがかさみ印刷速度も速くなかったので,プリント業者やセミプロの方は面倒さとコストがかかるのがネックになっていました。
 そこで印刷速度も速く大量印刷に適したトナー式プリンタ用の転写用紙が開発され,プレス機も比較的安価に販売されて始めた事から,アマチュア向けにはインク方式,ヘビーユーザーやプロ向けにはトナー方式と住み分けが出来てきました。
 また色物の生地に白や蛍光色の印刷も出来るようになってきており,オリジナルプリントの市場は成長していく分野になってきています。
 従来の市販品から,お揃いのTシャツなどを作れる世の中は便利になったものです。融資 3万円