歳をとると夏でもタオルケットでは体が冷えてしまう

夏になると、寝具はもっぱらタオルケットを使っていました。
小さい頃からタオルの肌触りが大好きだったので、タオルケットをかけて寝られる夏はまさにパラダイスでしたね。
ところが、数年前からどうも、タオルケットで寝ると足元が冷えて痛くなってきてしまうように。
最初は夫が夜中冷房をつけっぱなしにしているからかと思ったんですが、エアコンつけてなくても足が冷えるんです。
ひょっとしたら歳だから?
かといって冬に使うような布団をかけたら暑いし・・・と思い、いい寝具がないか店に見に行ってみました。
すると、夏用に肌掛け布団だのうすかけ布団だの、いろいろなバリエーションの布団があってビックリ。
昔だったらタオルケットの次は毛布だったと思いますが、毛布はしょせん温まるための寝具ですからね。
いまは、冷えないようにかつ暑苦しくもならないようにと、さまざまな工夫をこらした掛け布団が出ているようです。
肌触りも考慮して、私はうすかけ布団を買い、コットンの肌触りよいカバーをつけて寝ることに。
これで冷えずにかつ快適に眠れそうです。