夜に無灯火で走る車は、わざとやっているの?

最近、無灯火の車を見かけることがちょくちょくあったりするんだよね。
ここのところ、だいぶ日が長くなってきていて、暗くなる時間も遅くなっています。
なので、明るいうちに走り始めて、途中でヘッドサイトを点け忘れてしまっていたりすることがあるのかもしれません。
大きな幹線道路なんかは、街灯も多いし、ロードサイドのお店の照明も、遅い時間までついていたりします。
ライトを点け忘れていても、自分が運転する分にはそれほど支障がないのかもしれません。
でも、ライトを点灯させるのは、夜間の自分の視界の確保という目的もありますが、他の車に自分の車の存在を知らせるという意味合いもあります。
特に、対向車の場合、ヘッドライトが点いていないと、かなり近付かないと視認できない場合があったりします。
自分が事故を起こさないためにも、それから、事故に巻き込まれないためにも、無灯火での走行は辞めた方がよさそうな気がします。
そう考えると、無灯火でいつまでも走り続ける車は、わざとやっているのかな?とも思えてしまったりするんですよね。キレイモ料金プラス