京都の夏は、祭りの夏、これからも続きます

祇園祭が終わると、今度は、鴨川べりと、堀川で、七夕祭りがおこなわれます。といっても、川に、きれいな光の玉を打赤べて流したり、鴨川の遊歩道に夜店が出るのですが、人混みはすごいです。デートするにも、人が多すぎて、お話はできません。鴨川も夜なので見ることができないのです。それでも、人はたくさん来るのです。そのあとには、五条坂に、陶器市が出て、たくさんの陶器が売られています。夜店も出ます。
京都の夏は祭りの夏です。
更に、メインの五山の送り火です。こちらは、メインなので、京大近くの神宮丸太町でしょうか、出町柳でしょうか。浴衣の人でいっぱいになります。しかし、これがまた、日本的でいいのです。はかなさがいい。あっという間に始まって、あっという間に終わるのです。日本らしい、和の美です。こちらも、見ていただきたいです。東から、北、西と、大の字、妙、法、トリイ、左大文字と、オレンジ色の炎が、浮かび上がるのです。