京都しかにあるように、緑の風が吹いています

京都は、緑色一色です。ボリュームがあるので、とても美しいですよ。
京都市歌に、みどりの風に色生えて,香る都の花の宴という出だしがあるのですが、これがいわゆる、緑の風なのだと思います。ここまで、バッチりと、歌詞がそのものという光景も珍しいのではないでしょうか。今、その緑の風が吹いていますから、観光されたい方は、お急ぎください。もう少ししたら、濃い緑になってしまうし、勢いよく伸びる木々の様は見られなくなってしまいます。
仰ぐ山々麗しくと、歌詞は続きます。まだ、山の方は、きみどりいろだったり、白っぽかったりと、山が美しい一番の季節ではないようです。ありがたいことに、京都は街並みの条例で高い建物が立たないのです。家から山が見えるのです。絶景です。山の緑も勢いをもらえますから。楽しみですね。
鴨川は、例年よりは、水量が多いようです。いつもはラグーンのような景色なのですが、今年は水量も多いような気がしますね。ミュゼ 100円 キャンペーン 予約